母の日 ギフト ハーバリウム ボトル 癒し 空間 インテリア" />
So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

母の日ギフトにハーバリウムはいかが?想いをボトルに詰めて癒しの空間を [ギフト]

スポンサーリンク




2018年の母の日まであと一か月切りました。

今年の母の日は5月13日です。

今年の母の日ギフトは決まりましたか?


母の日に贈るものといえば、お花が定番ですよね!

中でもカーネーションは定番中の定番で、
筆者自身も子供時代にお小遣いで買って
贈った経験があるくらいです。

しかし、定番であるがゆえにマンネリ化に悩まされますし、
生花だったら受け取り手が手入れをしなければ、
あっという間に枯れてしまいます。


定番のギフトを貰うのは嬉しくないわけじゃないけど、
定番+αだったらもっと嬉しいな~


お花を貰えるのは嬉しいけど、手入れするのが正直めんどくさい…


と実際に思っているお母さんも多いのではないでしょうか。


そこで、今年の母の日ギフトにおすすめするのが
ハーバリウムです。




ハーバリウムの元々の意味は、植物標本。

瓶の中にお花や植物を入れて、保存用のオイルに浸すことで
いつでもみずみずしい状態でお花や植物を鑑賞できる
最近流行りのインテリア雑貨です。

SNSでも「新感覚インテリアフラワー」として
話題が沸騰していますよね。

見た目もオシャレですし、保存用のオイルに浸かっているので
枯れる心配がまったくありません。

瓶に詰められているので、ホコリが入りませんし
狭い空間でもインテリアとして楽しめるメリットがあります。

母の日定番のカーネーションが入っている
ハーバリウムはもちろん、
お母さんの好きなお花が入っていれば
喜んでくれること間違いなしです。

ハーバリウムは一本置くだけでも
インテリアとして充分楽しめますが、
異なる種類のものを2~3本並べてみると
更に華やかな空間になります。

ハーバリウムには楽しみ方がまだあります。

昼と夜とではまた違った雰囲気が出るんです!!

昼間には太陽の光が差し込むことで
優しい表情を見せてくれますし、
夜にはライトアップさせることで
幻想的な雰囲気を醸し出します。

時間を置くことで二倍楽しめるんですよ^^


いかがでしたか。

生花をあげると短い間しか鑑賞できず
すぐ枯れてしまいます。
長持ちさせるには、毎日水替えしなければいけません。

プランターごと生花を贈った場合は
毎朝の水やりが必須です。

でもハーバリウムならお手入れ不要で、
ずっと美しいままお花を眺められるのでおすすめです。

贈る側も、相手に贈って迷惑にならないか
心配する必要がなくなります。

自宅用のインテリアとしても最高ですが、
大切な人に贈るギフトにもぴったりですよね!

家事や仕事で毎日頑張っているお母さんへ
感謝の気持ちを伝えるとともに、
ハーバリウムを贈って癒しの空間を
提供してみてはどうでしょうか?

きっとお母さんが笑顔になりますよ!

心からあふれる想いをティアドロップボトルに詰めて



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。